ブランド NAVI

本物と偽物の見分け方

UGG サンダンスU

実際にUGGブーツを履いていれば、履き心地や質感などから、本物のシープスキン、ムートンかは分かりやすいのですが、初めての方が見分けるのはとても困難です。
大人気だからこそ本物か偽者か見極める目を養いたいですね!

原産国についてですが、数年前から需要拡大により、中国で製造しています。
なので、「made inオーストラリア、made inニュージーランドは偽物!」という情報がありますが、初期のものはオーストラリア、ニュージーランドで生産していたので、倉庫に眠っていたキャリー品の場合は「made in china」ではありません。
現に日本の大手デパートで「ニュージーランド製」を売っていたという情報もあるそうです。
ただ、中国製であることが現在では本物である可能性が高いです。


羊毛を燃やしてみる

もしも、実際に購入後、偽物かもしれない・・・と不安になったのなら、知らべる方法があります。
まず、中の羊毛を少し多めにむしり取って燃やしてみてください。
本物の羊毛なら燃えカスが灰になって、指でこすると粉々になります。
そして燃やす際に変な臭いがします。
髪の毛を燃やしたときとほぼ同じ臭いとなります。

偽物でポリエステルなどの化学繊維が入っている場合、燃えカスがチリチリになって塊になります。
こちらは、ほぼ無臭です。


ネームを良くみる

UGGロゴ

かかとの織ネームですが、”AUSTRALIA”のフォントが違います。
偽物の方が太字で縦長なのです。
UGGの真ん中のGが飛び出ているところに特徴がありますが、本物はしっかり飛び出してますが、偽物はGを拡大しただけになっているのも明らかな違いです。
本物はUGGの文字は重なっています。
これらを目安にして確認してみてください。